T Y
カレンダー
<< September 2016 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
ブログ内を検索
ランキング
最新コメント
カテゴリー
月別アーカイブ
東レPPO 最終日

あれ、いつ膝小僧を擦りむいた?
ウォズニアッキが日本の新星を撃ち落とした。途中、キャロラインは太腿、なおみちゃんは肩を治療。消耗戦の様相を呈した。なおみちゃんは最大の武器のサービスが走らない。第1セットを落とすと目に見えて失速。0−5から3ゲーム巻き返すのが精いっぱいだった。敗因をサービスが打てなかったことにするのは簡単だ。しかし本当にそうだろうか。大会終盤になれば身体が軋んでくるのは当たり前。キャロラインはこんな修羅場を何度となく経験している。そのような状況になっても肉体的、精神的にどう切り抜けていけばよいのか。その術を熟知している。いわゆる経験の差。今のなおみちゃんはこの経験を積み重ね始めたところだ。しばし待とう。

Singles Final
Caroline WOZNIACKI (DEN) d. [WC]Naomi OSAKA (JPN) 75 63


続きを読む >>
 
東レPPO 本戦第4日

サスノビッチ、大金星。第3シードで全米オープン準優勝のプリスコバをストレートで下した。予選から5連勝だ。次は大坂なおみちゃんと激突する。面白い試合になりそうだ。今日も一日雨。まったく嫌になってしまう。お客さんの出足は悪いだろうと予想していたら、意外にも多かった。


続きを読む >>
 
東レPPO 予選第1日

さっこちゃん、おひさ〜
昨今はSNSのおかげで消息は把握できている。何年ぶりかの再会だが嫌がらずハグしてくれた。すまんな。会場では清水咲子ちゃんと小堀桃子ちゃんが参加してダンロップのイベントが行われた。桃子ちゃんはプロ入りを決意。いよいよ本格始動だ。

1日遅れのレポート。秋雨の合間の晴れ間が広がった。暑さと猛烈な湿気が不快だ。しかし今日は再び雨模様。アウトドアで試合はできるだろうか。予選には将来を嘱望される4人のジュニアがワイルドカードで出場した。戦いぶりやいかに。


続きを読む >>
 
ジャパンウイメンズオープン 本戦第6日

小さな日本ペアが躍動した。この二人を見る限り、小さいからといって体格差で劣るという表現は当たっていない。小さいことが体格差で優っているといった方が相応しい。そんなことを感じさせる完勝だった。真琴ちゃんにとっては嬉しいWTA初優勝だ。帰宅が遅くなったためJWOダブルス決勝だけで失礼。

Doubles Final
Shuko AOYAMA (JPN) / Makoto NINOMIYA (JPN) d. Jocelyn RAE (GBR) / Anna SMITH (GBR) 63 63


続きを読む >>
 
ジャパンウイメンズオープン 本戦第4日

試合が始まってたった3ゲーム目で大坂なおみちゃんがラケットを投げた。まだそんな時間帯ではない。しかし、これが今日の象徴的なシーンになった。その後もエンジンはかかることはなくストレートで敗れた。コートサイドにはテレビカメラが何台も並んでいた。にわかに注目され始めたこともプレッシャーに繋がっているかもしれない。


続きを読む >>
 
ジャパンウイメンズオープン 本戦第1日

1年の内、このシーズンしか見られなくなったくるちゃん、今日はパスチェクをまったく寄せつけなかった。面白いようにエースが決まる。こんなくるちゃんを見たのは久しぶりかも。インタビュアーはしのりん。関西人同士なので漫才調になるのは致し方ない。

本戦の始まりを狙うかのように秋雨前線が活発化してきた。いつ悪化しても良さそうな空模様だったが、なんとか持ちこたえた。前線はしばらく南岸に停滞しそうだ。少しせり上がってくるだけで雨になるだろう。今後の天気が心配だ。今日は日本選手をレポート。


続きを読む >>
 
ジャパンウイメンズオープン 予選第1日

勝っちゃいました!
自分でもやや驚きの瀬間詠里花ちゃん。第7シードの桑田寛子ちゃんをストレートで圧倒した。今日は瀬間家総出で応援。もちろんお姉ちゃんの友里加ちゃんも一緒。


続きを読む >>
 
セキショウオープン 本戦第3日

普通のポーズじゃ面白くないから踊ってくれと頼んだら応えてくれた。お礼にトップ画像にしよう。鮎川真奈/田中優季ペアは台湾/タイの外国ペアにストレート勝ちでベスト4へ。

本日はシングルス2回戦とダブルス準々決勝。単複ともに残っている選手がいた関係でスケジュールが遅くなった。帰宅したのが21時。今日は勝者のスナップを少しだけ。


続きを読む >>