T Y
カレンダー
<< October 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
ブログ内を検索
ランキング
最新コメント
カテゴリー
月別アーカイブ
牧之原国際女子 最終日

最終日はとうとう雨から逃れられなかった。シングルス決勝は静岡市の千代テニスクラブのインドアコートに場所を移して行われた。サーフェスはハードコートだ。これがどちらに有利に働くか。

対戦はお互い19歳の勝手知ったる相手だ。小細工などはない。まるでノーガードの打ち合いのような高速ストローク戦になった。ほんの少しボールが甘くなると打ち抜かれる。わずかな精度の積み重ねが勝敗を分けた。

Singles Final
[1]Ayano SHIMIZU (JPN) d. [8]Momoko KOBORI (JPN) 63 63


続きを読む >>
 
牧之原国際女子 本戦第5日

ダブルスは年長の第1シードがノーシードの年少ペアに貫録勝ち。勝敗が決まった途端、まとまった雨粒が落ちて来た。なんとか全試合消化できたのは幸いというしかない。シングルス準決勝は逆に年少が勝ち上がった。決勝は同い年の19歳対決だ。シングルスはここ何年か連続で外国勢の優勝が続いていた。ようやく日本選手がタイトルを取り戻す。

Doubles Final
[1]Miyabi INOUE (JPN) / Kotomi TAKAHATA (JPN) d. Yukina SAIGO (JPN) / Ayano SHIMIZU (JPN) 63 75


続きを読む >>
 
浜松三ケ日国際レディース 開幕直前

ブログがおろそかになって申し訳ない。最近は疲れ方が激しく、一日歩き回って撮影したら精も根も尽きて駄文すら浮かんでこない。その代りフォトギャラリーはちゃんと更新していくつもりだ。今はクオリティの高い写真を少しでも多く、選手のみんなに残してあげたいと考えている。

今週末から例年通り浜松三ケ日国際レディース(ITF2万5千ドル)が始まる。フォトグラファーに呼んでいただいて早6年目だ。大会を通して撮影できる機会は少ない。どんなシナリオの撮影にするか考えるのが実に楽しい。大会期間中は大会公式サイトをご覧いただきたい。

浜松三ケ日国際レディース 公式サイト
浜松三ケ日国際レディース スタッフブログ


 
セキショウオープン 本戦第3日

ファイナルセット、優季ちゃんの5−2リード。しかし酷暑の中、走り回った身体は限界に近づいていた。足は痙攣寸前だ。相手の Giulia GATTO-MONTICONE (ITA) も苦しい。なんとか2ゲーム挽回。そして優季ちゃん5−4のサービスゲーム。追いつかられたら勝ち目のないことはわかっている。気力をふり絞って消耗戦にけりをつけた。試合時間2時間54分。


続きを読む >>
 
セキショウオープン 本戦第2日

あら、桃子は昨日が誕生日だったんだ。おめでとね。初ペアを組んだ小堀桃子と瀬間詠里花。なぜかピッタリ噛み合って快勝した。二人とも単複ともに2回戦へ駒を進めた。


続きを読む >>
 
セキショウオープン 本戦第1日

3匹目のドジョウを狙って三度ペアを組んだ岡村恭香と藤原里華。危なげなく1回戦を突破。快調な滑り出しだ。6月の有明と甲府の連勝が効いたか、今大会は堂々の第1シードだ。しかし、最近のダブルスはいつアップセットが起こってもおかしくない。油断は大敵だ。


続きを読む >>
 
セキショウオープン 予選第1日

レジェンド集合。左からくろちゃん、まりちゃん、ちあきちゃん、まきちゃん。セキショウオープンが始まった。初日の今日は元プロテニス選手4人によるテニスレッスンだ。みんな美白になったなあ。

予選第1日。昨夜ドローを見てびっくりした。BYEが6つもあったからだ。なんとももったいない。エントリーリストにはオルタネイトがずらりと並んでいたから、あきらめた選手が続出したのか。今頃歯ぎしりしているかも。久しぶりの試合観戦。圏央道が筑波まで延伸したおかげでアクセスは1時間30分余りに短縮した。写真は少しだけで失礼。


続きを読む >>
 
神奈川インドアオープン 最終日

卒業式の欠席写真みたいになってしまった。シングルス決勝を終えた山口芽生ちゃんは表彰式をパスし、脱兎のごとく会場を後にした。甲府2万5千ドル予選にエントリーしているからだ。NB14:00の第4試合。しかし、スコアボードは途中から動かなくなったので雨で中断したのだろうか。幸いだったのかな。

男子シングルスを除き、3種目で現役学生が強さを発揮した。女子に至っては単複ともに早稲田大が優勝、層の厚さを見せつけた。男子ダブルスは私の近所に住んでいることが判明した法政大ペアが優勝。男子シングルスはロンギが3週連続で決勝に進んで好調を維持している。私が観ている埼玉と神奈川は優勝。また観に来てくださいと言われてしまった。

男子シングルス決勝
[3]ロンギ正幸 d. [2]飯野翔太 64 64
女子シングルス決勝
大矢希 d. [4]山口芽生 62 64
男子ダブルス決勝
[Q]岡垣光祐/楠原悠介 d. [2]福田勝志/金城充 64 61
女子ダブルス決勝
[2]上唯希/細沼千紗 d. [Q]岸上歌華/長谷川茉美 62 62


続きを読む >>