T Y
カレンダー
<< March 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
ブログ内を検索
ランキング
最新コメント
カテゴリー
月別アーカイブ
牧之原国際レディース 本戦第5日

大会も大詰めを迎えた。ダブルス決勝は第1シードが面目を保った。しかし、いつまでも抱き合っているわけにはいかない。明日はシングルス決勝で両者が顔を合わせる。どちらが勝っても単複優勝だ。

Doubles Final
[1]Ksenia LYKINA (RUS) / Riko SAWAYANAGI (JPN) d. [3]Rika FUJIWARA (JPN) / Erika SEMA (JPN) 64 61


Singles SF
[3]Riko SAWAYANAGI (JPN) d. [WC]Haruna ARAKAWA (JPN) 62 62

Singles SF
[2]Ksenia LYKINA (RUS) d. [Q]Momoko KOBORI (JPN) 63 60

先に行われたシングルス準決勝は同時にスタートした。どちらもシード対ジュニアの対戦だ。意外にもどちらの試合もあっさりとシード勢が勝った。ひとまず胸をなでおろしたに違いない。なぜなら砂入り人工芝のコートはジュニアのホーム・サーフェスみたいなものだ。今大会でも多くのシニア選手が足元をすくわれている。

ダブルス決勝の前に海岸で弁当を食べていたら、外国の審判の人たちがお散歩。せっかくなので記念撮影をお願いした。来週は浜松三ケ日と大阪のスーパージュニアに分かれる。審判も選手と同様、世界中を巡る。

 
コメント
コメントの投稿 ( 初めてコメントされる方は 投稿規定 を一読願います。 )