T Y
カレンダー
<< August 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ブログ内を検索
ランキング
最新コメント
カテゴリー
月別アーカイブ
慶應チャレンジャー国際女子 本戦第2日

加藤未唯ちゃんと劉コーチ。最近の未唯ちゃんの活躍は目覚ましい。全豪オープンダブルスでベスト4まで勝ち上がり、よもやと期待を抱かせてくれた。今回はダブルスには出場せず、シングルスのポイント獲得に集中する。1回戦は61分で片付けた。

本日はシングルスデイ。1回戦の残り12試合が組まれた。相変わらず晴れていても必ず曇ってしまう。曇ると一気に気温が下がる。まだ冬支度を手放せない。


波形純理と田中優季の早稲田大OG同士の対戦は長いストローク戦が続いた。お互い滅多なことではストロークミスを犯さない。ITFサーキットでは6度目の対戦。純ちゃんが勝ち切って5勝1敗とした。

セマエリの辞書に「手を抜く」という言葉はない。容赦なくダブルベーグルを焼いた。

ファイター・彩加。ウェアをアンダーアーマーに変えて心機一転。ダブルスに続いてシングルスも1回戦突破。

いつか挽回するんじゃないかという雰囲気を漂わせる荒川晴菜。ファイナルセット、先にブレークされながらも逆転勝ちしてしまった。本日の最長試合、2時間24分。

大前あっこちゃん、ファイナルセットに入ってもスタミナは衰えず。徐々にフレッチを戦意喪失に追い込んだ。

 
コメント
コメントの投稿 ( 初めてコメントされる方は 投稿規定 を一読願います。 )