T Y
カレンダー
<< November 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ブログ内を検索
ランキング
最新コメント
カテゴリー
月別アーカイブ
セキショウオープン 予選第1日

レジェンド集合。左からくろちゃん、まりちゃん、ちあきちゃん、まきちゃん。セキショウオープンが始まった。初日の今日は元プロテニス選手4人によるテニスレッスンだ。みんな美白になったなあ。

予選第1日。昨夜ドローを見てびっくりした。BYEが6つもあったからだ。なんとももったいない。エントリーリストにはオルタネイトがずらりと並んでいたから、あきらめた選手が続出したのか。今頃歯ぎしりしているかも。久しぶりの試合観戦。圏央道が筑波まで延伸したおかげでアクセスは1時間30分余りに短縮した。写真は少しだけで失礼。


続きを読む >>
 
神奈川インドアオープン 最終日

卒業式の欠席写真みたいになってしまった。シングルス決勝を終えた山口芽生ちゃんは表彰式をパスし、脱兎のごとく会場を後にした。甲府2万5千ドル予選にエントリーしているからだ。NB14:00の第4試合。しかし、スコアボードは途中から動かなくなったので雨で中断したのだろうか。幸いだったのかな。

男子シングルスを除き、3種目で現役学生が強さを発揮した。女子に至っては単複ともに早稲田大が優勝、層の厚さを見せつけた。男子ダブルスは私の近所に住んでいることが判明した法政大ペアが優勝。男子シングルスはロンギが3週連続で決勝に進んで好調を維持している。私が観ている埼玉と神奈川は優勝。また観に来てくださいと言われてしまった。

男子シングルス決勝
[3]ロンギ正幸 d. [2]飯野翔太 64 64
女子シングルス決勝
大矢希 d. [4]山口芽生 62 64
男子ダブルス決勝
[Q]岡垣光祐/楠原悠介 d. [2]福田勝志/金城充 64 61
女子ダブルス決勝
[2]上唯希/細沼千紗 d. [Q]岸上歌華/長谷川茉美 62 62


続きを読む >>
 
東京有明国際オープン 本戦第6日

決勝の舞台はコロシアムが用意された。第1試合は女子ダブルス決勝。さすがに里華先生がいるペアは強かった。藤原里華/岡村恭香ペアが一気に突っ走って優勝を決めた。このペアは来週の甲府でも組む。甲府の皆さん、お楽しみに。

Doubles Final
Rika FUJIWARA (JPN) / Kyoka OKAMURA (JPN) d. Momoko KOBORI (JPN) / Kotomi TAKAHATA (JPN) 62 60


続きを読む >>
 
東京有明国際オープン 本戦第5日

正樹、すまん。まさか決勝まで進むとは思わなんだ。ノーシードの福田創楽/笹井正樹ペアは不戦勝一つを挟んだと言え、難敵がひしめくドローを決勝まで駒を進めたのは立派だ。明日の決勝はホームペアと言っていい綿貫兄弟に挑む。

二度寝して目が覚めたら、すでに試合開始時刻だった。もうあわてる元気もなし。だらだらと家を出た。通勤ラッシュはとっくに終わっているので電車はゆったりと座れるのが嬉しい。東京有明国際オープンも残すところあと3日。今年は例年より平日の観客が多いように感じる。


続きを読む >>
 
神奈川インドアオープン 本戦第1日

今日の天気予報は芳しくない。有明が雨になれば待機するのも面倒くさい。それに往復4時間の道程に疲れが蓄積していた。こういう時は神奈川インドアオープンという選択肢があるのはありがたい。本日は本戦の初日。男女シングルス16ドローの1回戦だ。4面4ラウンド、ほとんど移動はないので疲れも少ない。昼間はまとまった雨が降ったが夕方から天候は急激に回復した。天窓から差す西日に選手はちょっとまぶしそう。頭が回らないのでレポートは割愛させていただく。Facebook友の写真だけで失礼。


続きを読む >>
 
東京有明国際オープン 本戦第3日

高橋悠介に死角なし。今シーズンすでに3勝。もはや日本のフューチャーズでは舞台が狭い。次のステージに登るべき時は来ている。

ようやく好天は終わろうとしている。朝からどんよりと曇り、いつ雨粒が落ちてきてもおかしくない空模様だった。あまりに試合数が多いので何回戦なのかよくわからない。なんとなく会場はプチ全日本のような雰囲気だ。


続きを読む >>
 
東京有明国際オープン 本戦第2日

ダブルスの先生、里華ちゃんは相変わらず若者の指導を続けている。今回選んだパートナーは岡村恭香。実戦が即教育の場になる。勝つことは二の次と思いきや、どん欲に勝ちにも行く。強敵の早大OGペアを接戦で撃破。ダブルスの技術を教えるだけではなく、勝つことの苦しさと楽しさも教授している。

オーダーを見た途端、倒れそうになった。6コートを使って5ラウンドまでスケジュールされている。男女共催だからこうなるのはわかっているが、さすがにきつい。撮ろうと思っても身体が拒絶反応を起こす。ついつい知人とのおしゃべりが多くなってしまった。


続きを読む >>
 
東京有明国際オープン 本戦第1日

日米学生対決。アメリカ留学を選んだ伊藤雄哉、かたや成長著しい早稲田大の島袋将。本日の屈指の好カードだ。意地と意地がぶつかり合いファイナルセットにもつれた。今回は島袋将が日本学生の面目を保ったが、これからも競り合うことが予想される一戦だった。1年ぶりに見た雄哉には驚かされた。身体が一回り大きくなってさらにパワーがついた。アメリカで大男たちと戦うということはこういうことなのだろう。もはや少年の面影はない。

女子は単複予選決勝。男子は本戦のシングルス1回戦が始まった。今日も昨日以上に良い天気。しかし、写真はなかなかうまく撮れない。なぜなんだろう。


続きを読む >>