T Y
カレンダー
<< November 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ブログ内を検索
ランキング
最新コメント
カテゴリー
月別アーカイブ
埼玉$10K 準々決勝・準決勝

なんで景子ちゃんがいるの〜
左から自分の試合を待つ山本麻友美ちゃん、ダブルスの相棒の道慶さん、近所なので観戦に来た田口景子ちゃん。

昨日は雨のためにほとんど試合を消化することができず。したがって今日はシングルスは準々決勝と準決勝が行われました。私にはおいしかったかな。でも、朝2時までUSオープンを見た上に、準々決勝の試合開始は朝9時。さすがに少し寝坊、おまけに渋滞が激しく、1時間遅刻。着いてほどなく麻友美ちゃんの準々決勝は終わってしまいました。


続きを読む >>
 
北崎悦子さん

昭和の森シリーズの最後、大トリは北崎悦子さんです。北崎さんは亜細亜大出身、大学時代はエースとして活躍しました。現在はプロとして国内とアジア、オセアニアを中心に活動しています。亜細亜大出身だからアジアを中心に..というわけでもなさそうです。

北崎さんのツアーの回り方をみると、明らかに一つの意思が感じられます。テニスのプロといっても、みんながみんな経済的あるいは環境に恵まれているわけではなく、アメリカやヨーロッパへいつも遠征できるとは限りません。今、自分が可能な範囲内で、できる限りの選手活動をしようということが読み取れます。卒業してからの進路がやや微妙な大学出身選手にとって、ひとつの道しるべとなるでしょう。

今週は埼玉$10Kに出場中です。おっと今、今日の結果がアップされました。残念ながら単複とも負けてしまいました。このあとは京都$10K、広島$10Kと転戦します。


 
高岸知代さん
高岸知代さん

知代ちゃん、おめでと〜。ちょっと苦しかったね。

毎トー優勝。これで4勝4敗やね。何のことかって?
ジュニア時代も含めて、私が知代ちゃんの決勝に立ち会った時の通算成績です。五分だからまずまずかな。それにしても数えてみてびっくり。間違いなく一番たくさん決勝を見た選手です。こりゃ偶然とは思えません。赤い糸で結ばれているのかも。
..ブチっ...だれや、切るやつは!

ダブルベーグルで圧勝した時もありました。悔し涙をこらえた時もありました。賞金をもらうのを忘れて帰った時もありました。(あわても〜ん!)
いやいや、まだまだ振り返るような時ではありません。これからも知代ちゃんは進化していくでしょう。

今週の埼玉1万ドルはお休みして、来週の京都1万ドル、再来週の広島1万ドルに出場します。みんな、待っててね。


 
毎トー 最終日
男子シングルス決勝
吉備雄也 d. 井藤祐一 6-0 6-4

女子シングルス決勝
1-高岸知代 d. 14-マルフォトラ・アナスタシア 3-6 6-3 6-3

毎トーは今日が最終日、男女シングルスの決勝が行われました。男子はノーシード同士の対戦、だれもこの二人の対戦を予想できなかったでしょう。早稲田大の吉備くんが終始安定したストロークで井藤くんを圧倒。女子は接戦になりました。第1セットを取られ、ストロークで押されていた知代ちゃん、辛抱強くチャンスを待ち、第2セット終盤からやっとスムースに振り切れるようになりました。第3セットは先にブレーク、なんとか振り切りました。どっちに転んでもおかしくない試合でした。

毎トーの正式名称は「毎日テニス選手権」、今年で第85回を迎えました。全日本選手権は今年で第81回、毎トーが日本最古のテニストーナメントといわれるゆえんです。しかし、観客動員は惨憺たるものです。今日は100人ちょっとというところでしょうか。一番ひどい年は30人あまりということもありました。キャパシティが1万人の有明コロシアムにこの人数ではさすがに寂しいものがあります。

私がもっとも気になるのは主催者側から観客を喜ばそう、観客に楽しんでもらおうという熱意がまったく伝わってこないことです。ただ単にドロー数を淡々と消化しているだけ。せっかく大新聞社の主催であるのに、もったいない話です。入場無料だから集客にははなっから興味がないのでしょうか。選手は少しでも多くの観客の前でプレイしたいと思っていることは間違いありません。毎年、コロシアムの決勝を見るたびに歯がゆい思いでいっぱいです。

男子シングル優勝:吉備雄也

女子シングル優勝:高岸知代


 
宮村美紀さん

ご存知、今年のインカレ単複チャンピオン、早稲田大学の宮村美紀ちゃんです。この写真は翌週の昭和の森$10K決勝のあと。こちらの方は負けてしまったけど、にこやかに写真におさまってくれました。やるだけやったという充実感があふれています。学生大会には行かなくなったので、なかなか美紀ちゃんを見られる機会がありませんでした。今回久しぶりに見て、びっくり。肩幅は広くなり、上腕の筋肉がもりもり。厳しいトレーニングを積み重ねたことが一目で分かりました。インカレに優勝するわけだ!

実は美紀ちゃんとお話したのは始めて。「いつもホームページ見てま〜す。」って、うれしいこと言ってくれるやないの。応援するけんね!(単純)
辿ってみると私のBBSで美紀ちゃんのことが話題になり始めたのは、2002年の全日本ジュニアあたりからです。日本の女子選手の中でジュニア、シニア含めて唯一、バックのシングルハンドでトップスピンを打て、かつエースを取れる選手、などと書きました。今回はあまり見せてくれませんでしたが、もっと打って欲しいですね。だってカッコいいんだもの。

今後の予定は来週埼玉$10Kに出場して、そのあとはリーグ戦に突入するのかな。がんばってね!


 
前川綾香さん

綾香ちゃん、いつもいい笑顔やね!

いやだ〜と逃げながらも、やっと出演承諾、ありがとね。昭和の森$10Kダブルスで夏美ちゃんとペアを組んでいた前川綾香ちゃんです。シングルスは1回戦負けでしたが、今週出場している毎トーではしっかりと2回戦突破、ダブルスはすでにベスト8です。

綾香ちゃんの特長はこてこての関西弁..じゃなくってえ、正確で粘り強いストローク。なかなか大崩れするようなことはありません。それに意外に(失礼)ダブルスもうまい。ネット際の技が多彩です。四天王寺高校、相愛大学という関西名門コースをまっしぐら。

毎トーのあとは引き続き、埼玉$10Kに出場します。現在、プロ登録中だとか。がんばってね!


 
濱村夏美さん

夏美ちゃん、なんで私の前からいなくなったの?

いや、いや、以前は住まいが私んちの近所だったんですよ。同じ駅から通勤してたんで、駅のホームで出会うことがありました。朝から夏美ちゃんに会うとプチ幸せな気分になり、今日も一日がんばろ〜って元気が出たもんです。ちょっと遅刻したくらいが夏美ちゃんの出勤時間でした。べ、べつにわざと遅刻してたわけじゃないっすよ。現在は関西に拠点を移しています。

夏美ちゃんはフォア、バックとも両手打ち..いや、フォアは半分両手打ちかな。インパクトの瞬間あたりから、片手を離してフォロースルーします。おっと、ネットを検索したらちょうどいい動画が見つかりました。そういやこれ、テニス誌に広告が出てましたね。なかなか具合良さそう。

昭和の森$10Kではシングルスベスト8、ダブルスベスト4でした。このあと中国の5万ドルに出場するって言ってたかな。それから、この間の妙な履物を履いていたのは夏美ちゃんでした。このサンダル、ほんまに流行ってんのかな。信じられん..


 
昭和の森$10K 決勝
シングルス決勝
2-久見香奈恵 d. 8-宮村美紀 6-4 6-2

ダブルス決勝
3-伊藤/水野 d. 1-道慶/北崎 2-6 6-4 7-5

今日の香奈恵ちゃんは昨日と打って変わってリラックスできていました。出だしは良かったのですが、美紀ちゃんのスライスに手を焼き、第1セットは少々苦戦。しかしスライスにも慣れてきて、なんとか第1セットを奪取。
第2セットに入るとインカレの疲れか、美紀ちゃんの調子が上がらず。そのまま香奈恵ちゃんが畳み掛けてストレートで勝利。

香奈恵ちゃんは優勝したものの足の爪を傷めて、残念ながら毎トーは棄権。見せてもらったけど、親指の爪が半分ない! 鳥肌が立ってしまった。私は痛い話にまったく弱い。美紀ちゃんは引き続き毎トーに出場。休みがないやん。

本日の画像はホームページのフォトギャラリーでご覧ください。

シングル優勝:久見香奈恵(右) 準優勝:宮村美紀(左)


続きを読む >>