T Y
カレンダー
<< September 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ブログ内を検索
ランキング
最新コメント
カテゴリー
月別アーカイブ
岐阜カンガルーカップ 本戦第4日

明日もトップ画像になるかもしれないけど、あまりに面白いダブルスだったので今日のトップ画像はエリ・ミユ。対戦相手のタイペアもダブルス巧者。お互いスーパープレイが飛び交い会場は湧いた。これぞゼニの取れるダブルス。タダで観られるとは超お得だ。

暑かった。終日ほとんど雲は湧かず。真夏と変わらぬ日差しがじりじりと照りつけた。センターコートのシングルス準々決勝2試合、ダブルス準決勝1試合をレポート。写真左が勝者。


続きを読む >>
 
岐阜カンガルーカップ 本戦第3日

力尽きる..
恭香が第1シードのくるちゃんに挑んだ。会場に足を運んだ観客は多くがくるちゃん目当てだったろう。しかし、第2セットを恭香が奪い返した時、会場の空気が変わった。執拗に食らいついていく恭香のプレイに、観客は次第に引き込まれていく。さすがにファイナルセットはくるちゃんの逆襲に耐え切れなかったが、驚いたのは試合が終わってからだ。敗者である恭香にサインや記念写真をねだるテニスファンが群がった。岐阜のテニスファンに恭香の名前を強く印象づけた一戦となった。

本日は単複2回戦。センターコート以外のコートは金網に囲まれて撮りづらい。センターコートの試合、シングルス2試合とダブルス1試合をプチ・リポート。


続きを読む >>
 
かしわ国際オープン 本戦第4日

この二人が並んだらオセロ状態になるんじゃないかと思ったら意外にニキタクが白い。美白に励んでいるらしい。今日の二人はダブルスのみ。ニキタクは快勝、美晴は惜敗。今日は単複2回戦。1日空けて来ただけで桜はほぼ満開だ。午後から強風が吹き荒れ、選手には厳しい条件になった。


続きを読む >>
 
かしわ国際オープン 本戦第2日

岡村恭香が全日本チャンプを破った。出足で0−4とつまづくが、そこから6ゲーム連取で第1セットを奪う。第2セットはシーソーゲームでタイブレークに。ここで恭香が集中力を発揮。いつもより一瞬速く身体が反応しているように見えた。2つのセットポイントを凌ぎ、最初のマッポでけりをつけた。勢いに乗りダブルスも強敵に競り勝つ。

柏は甲府より車で30分ほど余計にかかる。しかし、この30分がめっちゃきつい。けだるさを引きずりながらの観戦だ。TTCの桜は五分咲き。週末にはちょうど満開になるだろう。花見もかねてテニス観戦なんていかがなもんだろう。


続きを読む >>
 
甲府国際女子 最終日

最後はあっけなかった。疲れの見えたハンのダブルフォルトでゲームセット。しかし、その表情は晴れやかに見えた。力を出し切った実感があったのかもしれない。日比は第1セットを失ったものの粘り強く相手を追い詰めていった。慶應チャレンジャーの準優勝に続いて優勝。大きくポイントを稼いだ。当然、柏も狙ってくるだろう。

Singles Final
[7]Mayo HIBI (JPN) d. [4]Na-Lae HAN (KOR) 57 63 62


続きを読む >>
 
甲府国際女子 本戦第5日

待った、待った、ひたすら待った。意地の悪い小雨が降り続いた。コートはほとんど乾いているがラインが滑る。ようやく雨が上がったのが17時。ダブルスは決勝まで行う予定だったが、シングルスとバッティングしている選手がいるため準決勝1試合のみ。林恵里奈/梶谷桜舞組が一足先に決勝進出を決めた。昨年、一昨年と早稲田大がらみのペアが優勝している。ここは連覇を狙いたいところ。


続きを読む >>
 
甲府国際女子 本戦第3日

お疲れのところVサインまでしていただき本当に申し訳ない。しかも両手で..
今日は加治遥に崖っぷちの女の称号を与えよう。予選2回戦ではファイナルセット1‐5のビハインドから、今日は3‐5から、いずれもマッチポイントを凌いでの逆転劇だ。試合時間は3時間54分。今大会の最長試合時間になる可能性は高い。予選から5連勝だ。


続きを読む >>
 
甲府国際女子 本戦第2日

大会費捻出のために使用済みタオルの販売を始めた..
わけではない。昨日の雨の後、コート整備に使用したタオルを干している。コートを乾かすには人海戦術だ。女子学生とスタッフが総出で水を拭き取る。皆文句も言わず、むしろ楽しそうに作業する。大会を陰で支えるスタッフには本当に頭が下がる。本日で単複ともに1回戦が終わった。


続きを読む >>